“ペット分野”で産学連携中の株式会社リンレイと岐阜大学が「滑り止め床用コーティング剤」に犬の活動量増加効果を確認!|The大学Times

“ペット分野”で産学連携中の株式会社リンレイと岐阜大学が「滑り止め床用コーティング剤」に犬の活動量増加効果を確認!@Press 2017.12.21

株式会社リンレイ(所在地:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木 信也)は、岐阜大学(所在地:岐阜県岐阜市)との産学連携において、「滑り止め床用コーティング剤」に犬の活動量増加効果があることを確認しました。

画像1:
滑り止め床用コーティング剤


◆研究内容
「滑り止め床用コーティング剤」塗布前後のフローリングにおける犬の活動量を比較解析した結果、健常犬で約107%増加し、神経疾患犬で約130%増加することを確認しました。
これは以前報道発表した「フローリングでの滑り防止効果」や「歩様改善効果」とも符合しており、『犬が歩き易くなり、活発になった』結果と考えられることから、同商品が健常犬や疾患犬の健康やQOL向上に大きく寄与することが分かりました。また、足・腰の関節疾患や神経の疾患は高齢になるにつれて発症しやすくなることから、高齢犬の疾患対策となる期待が更に高まったと言えます。
リンレイと岐阜大学は床のすべりが犬の身に及ぼす影響について引き続き研究を進めて参ります。


◆産学連携の背景
住環境の変化に伴い、近年ではフローリングのある室内で愛犬を飼育する家庭が500万世帯強(※1)と非常に多く存在します。その内、約60%の家庭で愛犬の滑りが確認されていますが(※2)、対策をとられているケースが少ないのが実状です。その結果として、声無き多くの愛犬達は足元が滑る状態でストレスを溜めてしまい、最悪の場合ケガにつながってしまうケースもあります。
2016年7月、国内有数の獣医学科を擁する岐阜大学と、床用ワックスのパイオニアメーカーで室内犬用の滑り止めコーティング剤を開発・販売しているリンレイが手を組み、床での滑りが犬の心身に及ぼす影響についての共同研究をスタートさせました。
(※1、2)いずれも当社調べ


◆株式会社リンレイについて
代表者 : 代表取締役社長 鈴木 信也
所在地 : 〒104-0061 東京都中央区銀座4-10-13
設立 : 1944年
事業内容: 業務用・家庭用・自動車用・工業用ワックス、
洗剤など各種ケミカル製品の研究・開発・製造・販売・輸出、
および、各種メンテナンス用機器の製造・販売、業務提携による清掃用機器の輸入販売
URL : https://www.rinrei.co.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

■参考画像

滑り止め床用コーティング剤

コーティングあり・なし比較画像