日本映画大学の3年生が2月10日〜12日まで特集上映会「おやこ映画祭〜絆と狂気のカルテ」を開催 -- 『オトナ帝国』の原恵一監督も登壇|The大学Times

日本映画大学の3年生が2月10日〜12日まで特集上映会「おやこ映画祭〜絆と狂気のカルテ」を開催 -- 『オトナ帝国』の原恵一監督も登壇大学通信 2018.1.29

●企画趣旨
 人は皆、誰かの子供である。また、人は皆、誰かの親になりうる。ある映画監督も「血の関係こそが一番強いドラマになる」と言っている。
 だが実際には「おやこ」には様々な形がある。血の繋がりのある「おやこ」もいれば、そうではない「おやこ」もいる。両親が同性の「おやこ」もいれば、親が一人しかいない「おやこ」もいる。「おやこ」にはその数だけの形があるのだ。
 そこで今回は、多様な「おやこ」の姿かたちが見える映画を上映することにした。かいつまんで述べるだけでも、実の親を殺してしまう映画、実の親を山へと捨てる映画、子供時代へのノスタルジーゆえに親が実の子供を捨てる映画、などなど......が集まった。
 バリエーションに富んだ「おやこ映画」を、3日間かけて川崎市アートセンターで上映する。どうか「おやこ映画」を、その「絆と狂気」を見届けてほしい。(3年 荒川求実)

■日本映画大学 特集上映会「おやこ映画祭〜絆と狂気のカルテ」
【日 程】 2018年2月10日(土)、11日(日・祝)、12日(月・振休)
【会 場】 川崎市アートセンター アルテリオ映像館(小田急線「新百合ヶ丘駅」北口より徒歩3分)
      http://kac-cinema.jp
【料 金】 ・前売券(一般・学生ともに)800円 ・当日券 1000円 ・シネマ会員 800円(ポイント対象外)
※各回入替制・整理番号順入場・自由席
【主 催】 日本映画大学3年映画・映像文化コース「上映企画ワークショップ」
【共 催】 川崎市アートセンター
【プログラム】
○ 2月10日(土)狂気day
 17:25〜 『青春の殺人者』(1976/日本/116分/ビスタ/35mm/監督 長谷川和彦)
 19:45〜 『渇き。』(2014/日本/118分/シネスコ/DCP/R15+/監督 中島哲也)

○ 2月11日(日・祝)原恵一feature day
 14:50〜 『楢山節考』デジタル・レストア版(1983/日本/131分/ビスタ/DCP/監督 今村昌平)
 17:30〜 『楢山節考』(1958/日本/98分/シネスコ/35mm/監督 木下惠介)
 19:35〜 『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』(2001/日本/89分/ビスタ/35mm/監督 原恵一)
★ゲストトーク:原恵一(映画監督)

○ 2月12日(月・振休)絆day
 14:50〜 『狐の呉れた赤ん坊』(1945/日本/85分/スタンダード/35mm/監督 丸根賛太郎)
 16:45〜 『狐のくれた赤ん坊』(1971/日本/84分/シネスコ/35mm/監 督 三隅研次)
 18:40〜 『東京ゴッドファーザーズ』(2003/日本/92分/ビスタ/Blu-ray/監督 今敏)
★ゲストトーク:丸山正雄(映画プロデューサー)予定
※上映作品及び、上映時間、登壇ゲストは都合により変更する場合があります。

○ 公式Twitter @eigadaifes
○ 劇場サイトでもプログラムをご確認いただけます
 http://kac-cinema.jp/theater/detail.php?id=001115

▼本件に関する問い合わせ先
日本映画大学3年映画・映像文化コース 上映企画ワークショップ 宣伝広報部
Email: eigadaifes@gmail.com
TEL: 090-2960-7314(広報担当・武田)

▼会場に関する問い合わせ先
川崎市アートセンター
TEL: 044-955-0107


大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

チラシ表.jpg

チラシ裏.jpg