明治大学バイオリソース研究国際インスティテュート 公開シンポジウム「動物発生原理からのUnmet Medical Needsへのアプローチ」3月8日、駿河台キャンパスで開催|The大学Times

明治大学バイオリソース研究国際インスティテュート 公開シンポジウム「動物発生原理からのUnmet Medical Needsへのアプローチ」3月8日、駿河台キャンパスで開催@Press 2018.2.8

明治大学バイオリソース研究国際インスティテュート(MUIIBR)は、国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)/革新的先端研究開発支援事業インキュベートタイプ(LEAP)プロジェクト:発生原理に基づく機能的立体臓器再生技術の開発〔代表:中内啓光〕と共催で、公開シンポジウム「動物発生原理からのUnmet Medical Needsへのアプローチ」を、3月8日に駿河台キャンパスで開催いたします。

シンポジウムでは、遺伝子改変ブタを臓器ドナーとする異種移植研究や難治性疾患モデル開発で世界をリードする、Eckhard Wolf教授(Ludwich-Maximilian University Munich)、腎臓再生研究の先駆者、横尾隆教授(東京慈恵会医科大学)、異種キメラ体内で形成された膵島による糖尿病治療の画期的成果を挙げた、山口智之特任准教授(東京大学医科学研究所)、医学研究用の遺伝子改変ブタの開発で世界をリードする、長嶋比呂志教授(明治大学バイオリソース研究国際インスティテュート所長・農学部)、異種動物を用いた臓器再生研究のパイオニア、中内啓光教授(スタンフォード大学・東京大学医科学研究所)らによる最新の研究発表が行われます。


■ 「動物発生原理からのUnmetMedicalNeedsへのアプローチ」
表1: https://www.atpress.ne.jp/releases/149345/table_149345_1.jpg




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press