追手門学院大学の学生が3月17日に「ネパールチャリティーフットサル大会」を開催 -- スポーツでネパールの子ども達に笑顔を|The大学Times

追手門学院大学の学生が3月17日に「ネパールチャリティーフットサル大会」を開催 -- スポーツでネパールの子ども達に笑顔を大学通信 2018.2.28

 この大会は、直接金銭を提供する「重く受け止め行動する支援」ではなく、スポーツを楽しむことを通じて「より多くの人が参加しやすい支援」を目指して開催するもの。
 昨年行われた第1回大会は、2015年のネパール地震からの復興支援を目的として、追手門学院大学の学生有志の呼びかけによって実現。小学生から社会人まで約140人の賛同者がフットサルで交流を深め、チャリティーで得られた支援金は学生が直接ネパールに赴き、現地で子どものサッカー大会の開催費にあてられた。

 昨年の成功を受け、より多くの賛同者を募り、この支援の形を継続していくことの必要性を強く感じた国際教養学科2年生の井高成二(いだか・じょうじ)さんが代表を引き継ぎ、第2回大会を開催する運びとなった。
 今年の支援金も、学生が自らの手でネパールに届け、ネパールの子ども達がサッカーをするための指導費や大会開催費として使用される。イベントの概要は下記の通り。

●本件のポイント
・企画から運営まですべて追手門学院大学生が実施。
・集まった支援金は学生達自らの手でネパールに届け、直接現地の子ども達を支援。

◆第2回 茨木市民集まれ!最大160人によるBIGフットサル大会
― ネパールチャリティーフットサル大会 ―
【日  時】 3月17日(土) 11:00〜16:30
【会  場】 追手門学院大学 第一グラウンド(大阪府茨木市西安威 2-1-15)
【参 加 費】 社会人1,000円、大学生500円、小中高生100円
【参加予定】 茨木市民、追手門学院大生、教職員 ほか
【参加申込】 下記ホームページより事前申し込み  ※申し込み期限3月3日(土)
   https://peraichi.com/landing_pages/view/xxow8
【試合形式】 
 集まった参加者を子ども・大人混合の1チーム10人、計16チームに振り分け、4チーム毎のリーグ戦を実施。 上位8チームでトーナメント戦を行い優勝チームを決定。その後、社会人、大学生、キッズと世代毎のチーム編成でフレンドリーマッチも行う。

※報道関係の皆様には本イベントの告知、並びに学生達の熱い取り組みをぜひ取材いただきますようお願いいたします。


▼本件に関する問い合わせ先
追手門学院 広報課
足立・谷ノ内
住所:〒567-0008 大阪府茨木市西安威2-1-15
TEL:072-641-9590

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供