国立大学法人岐阜大学との間における災害時の相互協力に関する協定書締結について|The大学Times

国立大学法人岐阜大学との間における災害時の相互協力に関する協定書締結について@Press 2018.2.28

ミニストップ株式会社(本社:千葉県千葉市 代表取締役社長:藤本 明裕、以下:ミニストップ)は、2018年2月28日(水)国立大学法人岐阜大学と災害時における相互協力に関する協定書を締結しましたのでお知らせいたします。

ミニストップと国立大学法人岐阜大学は、災害が発生した場合に、相互に協力して大学構成員並びに大学に避難してきた地域住民の安全・安定を図ることを目的に協定を締結します。
ミニストップは、岐阜県と交通機関等の不通によって自宅に帰れない人達を支援する「災害時帰宅困難者支援協定」を締結するとともに、グループのイオン株式会社を通じて岐阜県との包括提携協定内において災害時における対応についての協定を締結しています。今回新たに国立大学法人岐阜大学と災害時における相互協力に関する協定書を締結することで、災害時におけるより地域に密着した対応が可能となります。
ミニストップが国立大学法人と災害時の相互協力に関する協定書を締結することは初めてとなります。

<災害時の相互協力に関する協定書 概要>
締結日 : 2018年2月28日(水)
締結場所: 国立大学法人岐阜大学

[具体的な協力事項]
1. 飲料及び食糧の提供
2. 店舗内イートイン・スペースの災害対策への利用
3. 器具等の貸出
4. 災害対策に必要な労務の提供


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press