東京藝術大学大学院 箭内道彦研究室と日比谷花壇がコラボレーションしたパルコヤ上野店のウインドウディスプレイ第2弾春バージョンが登場|The大学Times

東京藝術大学大学院 箭内道彦研究室と日比谷花壇がコラボレーションしたパルコヤ上野店のウインドウディスプレイ第2弾春バージョンが登場@Press 2018.2.28

株式会社日比谷花壇(本社:東京都港区、代表取締役社長:宮島浩彰)は、東京藝術大学大学院 箭内道彦研究室とコラボレーションし、当社店舗を展開する商業施設「PARCO_ya(パルコヤ)」の1階ショウウインドウ用ディスプレイ“春”バージョンを、2月17日(土)から設置しています。

画像1:

(上画像:東京藝術大学大学院 美術研究科 箭内道彦研究室と日比谷花壇のコラボレーションディスプレイ)

当社は、2017年11月4日にグランドオープンした「PARCO_ya」の1階にフラワーショップを展開しており、合わせて「PARCO_ya」のショウウインドウのデザインを、クリエイティブディレクターで、上野に学舎を構える、東京藝術大学大学院の美術研究科 准教授もつとめる、箭内道彦氏の研究室とコラボレーションし、担当しています。今回の春バージョンは、このコラボレーションの第2弾で、「花が贈られたことによって、新しい閃きや効果がうまれる」をコンセプトにした幅約8.4メートル、高さ約3.7メートルの大型ディスプレイです。
本ディスプレイは、同研究室の研究生と一緒に制作する、「花1つで変わることが、世の中にもっとある」というメッセージを込めた、1年を通じて全4回の物語形式で展開する、上野の一角を、楽しくハッピーで笑顔にするアートディスプレイです。

※日比谷花壇 パルコヤ上野店について
店内は、四季折々の旬の花材そのものの美しさを活かし、素材や品質にこだわったプレミアムフラワー商品を展開するほか、お客様一人一人の希望にきめ細やかに応えるホスピタリティと、上品かつ洗練されたフラワーデザインで感動を演出します。デザイナーによるインテリア性の高い商品、こだわりのランの鉢や観葉植物、多肉植物、プリザーブドアレンジメント、花器や雑貨などのホームデコレーションまで、ライフスタイルを彩る商品を取り揃え、文化の街 上野で出会うことができるサプライズや可能性を、来店されるお客様に提供しています。

日比谷花壇 パルコヤ上野店 店舗概要
所在地:東京都台東区上野3-24-6 PARCO_ya 1階
電話番号:03-6284-2887
FAX番号:03-6284-2886
営業時間:10:00〜20:00
URL: http://www.hibiyakadan.com/shop/03190.html

株式会社日比谷花壇について
1872年創業、1950年に東京・日比谷公園店の出店後、株式会社日比谷花壇を設立。現在、全国に約200店舗を展開。ウエディング装花、直営店舗及びオンラインショップでの個人/法人向けフラワーギフトの企画・制作・販売、お葬式サービス、各種空間装飾デザイン・ディスプレイ、屋内緑化の設計・施工等を行い、花とみどり溢れるライフスタイルを提案しています。今後もさまざまな日常の生活のシーンの中に、花とみどりのある生活文化を創造していきます。
================================================
日比谷花壇 企業サイト:http://www.hibiya.co.jp/
================================================


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press