“学生たちがプロデュース”、工学院大学の入学式を4月1日に挙行|The大学Times

“学生たちがプロデュース”、工学院大学の入学式を4月1日に挙行@Press 2018.3.27

工学院大学(学長:佐藤 光史、所在地:東京都新宿区/八王子市)は、4月1日に八王子キャンパス体育館を会場に2018年度工学院大学および同大学院の入学式を挙行します。約100名の在学生が企画・運営に携わり、工夫を凝らした多数のイベントを開催して当日の入学式を盛り上げます。
新入生にとって思い出に残る入学式となり、また保護者の方々にもキャンパスを肌で感じ、より深く大学を知ってもらう機会となる特別な一日を提供します。


≪工学院大学および大学院入学式概要≫
日時 : 2018年4月1日(日)
開式 午前の部 10:00
午後の部 13:30
会場 : 工学院大学 八王子キャンパス体育館
所在地 : 東京都八王子市中野町2665-1
特設サイト: http://www.kogakuin.ac.jp/omedeto/


【本件のポイント】
・約100名の在学生で組織する新歓実行委員会が企画した「春のフォトコンテスト」や「学生プロジェクト紹介」など、工学院大学ならではのイベントを開催。
・先輩学生が案内するキャンパス見学ツアーや記念撮影スポットを用意。
・入学式の特別な日に、多くの保護者に余裕をもったスペースでゆったりと出席いただくために、1日2回にわけて学部・専攻別に式典を開催。


【本件の概要】
約100名の在学生で組織する新入生歓迎会実行委員会が企画・運営に携わり、工夫を凝らしたイベントで新入生や保護者らをもてなす“学生たちがプロデュース”した工学院大学の入学式を4月1日に八王子キャンパス体育館で挙行します。


■2018年入学記念 八王子キャンパス「春のフォトコンテスト」
新歓実行委員会の学生たちが、SNSを活用した企画を実施し、新入生らの交流の輪を広げます。フォトコンテスト期間中、キャンパス内にインスタ映えする大きな撮影スポットが登場します。また、キャンパス内に複数の記念撮影スポットを設置し、各ポイントにスタッフが常駐し、新たなスタートとなる特別な日の記録をサポートします。

画像1:
学生たちのアイデアにより実現した 建物壁面に設置された3×5mの撮影スポット

■学生プロジェクト紹介ブースを設置
工学院大学にある9の学生プロジェクトの紹介展示を行います。2017年10月にオーストラリアで開催された世界大会で完走したソーラーチームの学生たちが製作した実車「Wing」の展示をはじめ、新宿と八王子にキャンパスを構える工学院大学の特性を活かし、両キャンパスの環境の違いが蜜蜂に及ぼす影響や変化の研究に取り組むみつばちプロジェクトが採取した蜂蜜(KUTE Honey)を振る舞います。


■先輩学生が案内するキャンパス見学ツアー
新入生がこれから活躍する広大なキャンパスを現役の先輩学生が案内します。大学に足を運ぶ機会が少ない保護者には、子どもが通うキャンパスを肌で感じられる機会と、毎年好評です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press