【特集】東洋大学イブニングコース|大学Times

【特集】夜間・通信制学部特集 昼間部に劣らないシステムが充実 今、夜間・通信制学部のメリットが見直されている

「余資なく優暇なき者のために」一人ひとりの「学びたい意欲」をかなえる 東洋大学イブニングコース

東洋大学は創立者・井上円了氏の「余資なく優暇なき者のために」の志を受け継いで、 学びたい意欲のある人が一人でも多く学ぶことができるよう、6学部9学科にイブニングコースを設置している。昼間部と同等のカリキュラムに加えて、経済的な面での不安や仕事との両立をバックアップする体制も充実させるなど、学生の「学びたい意欲」をかなえる同大学のイブニングコースに迫った。

東洋大学イブニングコースの歴史について教えてください。

本学のイブニングコースは、1950年代に文・法・経済・社会の各学部に2部を開設したことが起源です。現在は経営と国際地域の2学部を加えた6学部9学科を設置し、定員総数は800人を超え、イブニングコース日本最大規模を誇ります。

イブニングコースの授業内容はどのようなものでしょうか?

イブニングコースはすべての学部・学科が白山キャンパス(東京都文京区)に設置されており、18時10分から21時20分の間に、90分を1限とする授業が2時限行われます。都心ながらも緑豊かな落ち着いた街の中にあり、御茶ノ水、飯田橋、渋谷、池袋など東京の主要なエリアからのアクセスも良好なので、夕方からの授業でも、無理なく4年間通い続けることができます。カリキュラムも1部(昼間部)と同様の科目が効率的に編成されています。さらに他学部や1部の受講可能科目を履修することができるのも特徴で、専門知識を深めながらの幅広い学びを実現することも可能です。また教授陣も1部と同じ教員が担当していますので、1部と同等の学びの質が用意されている点が、本学イブニングコースの魅力の一つと言ってもいいでしょう。

就職に向けた講座も充実していて、各種資格の取得を目指した学修に加え、公務員試験講座といった具体的なプログラムも多数用意。学部や学科によって若干差異はありますが、高等学校教諭一種や中学校教諭一種、図書館司書などの免許状を取得することもできます。

昼間部と比較して学費の面での負担は?

本学イブニングコースの初年度納入金は72万円で、これは本学第1部の学費と比較すると44万5千円も安く設定されており、4年間トータルでは150万円以上の差があります。他の国公私立大学と比較しても、本学イブニングコースの学費が低く設定されていることがわかると思います。

さまざまな経済事情を想定した本校独自の奨学金制度も充実しており、学生一人ひとりの学びをサポートしています。2014年度入試からは「独立自活」支援推薦入試が始まります。これは本学で職員と同時間帯での勤務、またはパートタイマーとして大学事務局などで働き、給与を得ながら修学することができる制度で、学費の確保と授業への出席が同時に可能になります。

リーズナブルな学費(PDF)

施設・設備や就職サポート制度の充実度はどうですか?

白山キャンパス内には多数の充実した施設・設備があり、それらを昼間部と同様に自由に使用することが可能になっています。例えば膨大な蔵書と学習スペースを備えた3フロアを占める図書館、“新しい知”の創造をコンセプトに最新機器を備えるPC教室など、学びを深めるための最適な環境が整えられています。

また学習面の支援だけでなく、生活面での支援体制も充実させています。学生生活や授業、進路などについて気軽に相談できる「学生総合案内」、悩みやトラブルを相談できる「学生相談室」、けがや疾病に対応する「医務室」をキャンパスに設置しています。朝夕2食付きの学生寮も用意しているので、結果として学習に集中できる環境が整えられており、充実したキャンパスライフを送ることができます。

就職支援の面でも、2012年4月に開設したグローバル・キャリア教育センターを中心に、4年間を通じたキャリア形成支援プログラムを提供しており、早い段階から将来を見据えて夢の実現、目標の達成をバックアップします。1〜2年次から学生生活の過ごし方や業界・企業について考えを深めていき、3〜4年次では就職活動に向けた各種ガイダンスを数多く実施し、4年次での進路決定まできめ細やかなサポートを継続して行います。もちろん学生が自主的に常設のパソコンで企業情報を収集したり、オンラインでの職業適性テストの受験、本学に寄せられる求人票の閲覧などもできます。

最後にイブニングコースで学ぶことの魅力を教えてください。

文学部日本文学文化学科4年 上野陽介さん

昼問部で学ぶこととの違いがある意味「学費」と「時間」だけとも言える充実ぶりはもちろんですが、在籍する学生に多様性があることも夜間で学ぶことのメリットだと思います。さまざまな社会経験者が集まる本学のイブニングコースでは、それぞれが目標に沿った学習に取り組んでいます。例えば、教員を目指す学生と学校経営について興味を持つ学生が、教育についてそれぞれの視点から意見を交わすことで幅広い視点から学ぶことができるなど、異なるバックグラウンドを持つ学生同士が同じ時間を共有し、多様な価値観や考え方に触れながら成長していくことができます。そして本学はすべての学科のイブニングコースが白山キャンパスに置かれているため、学部間の相互聴講制度や大学公認の200団体以上のサークル活動など、同じ目的・目標を持った人たちと学部・学科の枠を超えて交流することが可能です。本学イブニングコースは、みなさんの「学びたい意欲」をかなえるためのバックアップ体制が整っています。