【話題の新設学部】神戸学院大学「グローバル・コミュニケーション学部」2015年4月開設|大学Times

【話題の新設学部】神戸学院大学「グローバル・コミュニケーション学部」2015年4月開設

【話題の新設学部】神戸学院大学「グローバル・コミュニケーション学部」2015年4月開設

現在、経済や情報のグローバル化が進み国を越えて活躍できる人材のニーズが高まっている。外国語の修得とともに、真のコミュニケーション能力を身につけ、世界に向けて自分の言葉で発信することのできる人材を育成するため、神戸学院大学に「グローバル・コミュニケーション学部」が誕生。「英語コース」「中国語コース」、さらに留学生を対象とした「日本語コース」の3コースで構成されている。国際社会に羽ばたくためのジェネリック・スキルとはどのようなものなのか?各コースを担当する先生に新設学部の特色について伺った。

「グローバル・コミュニケーション学部」設立の経緯を教えてください。

神戸は、古くから国際貿易の拠点として発展した港町です。ビジネスにおいて、世界を相手に活発な経済活動をしている企業が多数あります。一方で、兵庫県内の大学には外国語を柱とする学部は少なく、通学に不便などの声がありました。「グローバル・コミュニケーション学部」は、神戸という地域性に応え、社会をリードする活力に富んだ人材を輩出することを掲げて開設します。名称を外国語学部としなかった理由は、語学の修得のみにとどまらず、語学力とコミュニケーション能力の両方の修得を目的としているからです。

2014年の「現代社会学部」に続き、新しく学部を開設することで、2015年には文系・理系合わせて9学部を擁する総合大学に発展します。2016年の大学創立50周年に向け、学びのフィールドを広げていきます。

4月開設の「グローバル・コミュニケーション学部」についてご紹介ください。

入学時から「英語」「中国語」「日本語」のコースに分かれ、最初の2年間で540時間以上の語学授業を受けることから始まります。この徹底した語学学習により、外国語に触れる頻度を高め、「読む・書く・聞く・話す」の基本語学力を少人数制でバランスよく習得します。「グローバル・コミュニケーション学部」の最大の特色は、英語コース、中国語コースの全員が3年次前期の半年間、留学することです。現地でしか学べないコミュニケーションを体得するために、英語圏は15の教育機関、中国圏は4つの名門大学と提携。より実りの多い留学体験となるよう、留学中のサポート体制はもちろん、留学前の事前研修や留学後のフォローアップを行い、これからのキャリアデザインにつなげるアドバイスを行います。一方、日本語コースの留学生は、国内企業でのインターンシップを体験します。どのコースも他コースの授業が履修できるカリキュラムのため、学部内で留学生と触れ合う機会が豊富にあり、ごく自然に異文化交流を育むことができます。

コミュニケーション・スキルはどのように磨くのでしょうか?

これからの社会で求められるコミュニケーション能力を養うためには、異文化を理解すると同時に自己を確立し、自分の言葉で発信する力を身につけなければいけません。

授業はアカデミックな専門領域だけにとどまらず、さまざまな人たちと仕事を進めていくために必要な「ジェネリック・スキル」を磨くため、ワークショップ形式の体験型学習を多く取り入れます。例えば「傾聴力を鍛えるアクテビティ」では、日本人と留学生を交えたグループワークを行い、目の前にいるメンバーの良さを引き出し、生かしていく「協働」をさまざまな形で体験します。相手の話を聴き、理解することは、その人の言葉だけでなく表情や声の調子から得られるものもあります。また、国によって傾聴スタイルに違いがあることに気づくかもしれません。実学重視の学部のため、社会人経験豊富な教員が多く、多様な経験や知識・情報を学ぶことができるのも特色のひとつです。

3コースの学生と講師陣が連携し、課題を解決するプロジェクトベースド・ラーニングや卒業プロジェクトなどを進め、お互いに刺激し合いながらコミュニケーション・スキルを身につけます。

どんな人材を輩出したいとお考えですか?

「グローバル・コミュニケーション学部」の強みは、実社会の人間関係構築に重要なジェネリック・スキルを大学生活のなかで体得できることです。

英語コースでは、アジアの中の日本について考え、情報発信する「地域文化理解」や外国からのお客様と接する業界で使われる英語に注目する「ホスピタリティ英語」なども学修。中国語コースでは、成長著しいアジアで中心的役割を果たす中国語を中心に、「現代の中国事情」や、「中国語プレゼンテーション」などビジネスを想定したカリキュラムが揃っています。

外国語を話すだけでなく、「自分の言葉で語る外国語運用能力」「コミュニケーション能力」「社会・文化への教養と知識」を徹底して磨き、それぞれの将来を切り拓く人材になってほしい。これからの仕事は国境や文化を越えることが多く、結果的にグローバルな仕事へとつながっていきます。語学をベースにして新しい価値を創造し、自らの世界を広げてほしいと思います。

2015年4月、キャンパス再編