「大学ism」〜わが大学の誇り ハリウッド大学院大学|大学Times

  1. 大学Times
  2. 特集記事一覧
  3. 「大学ism」ハリウッド大学院大学

「大学ism」〜わが大学の誇り ハリウッド大学院大学 六本木ヒルズで専門学校から大学院へ一貫教育
世界初のビューティビジネス専門職大学院

ビューティビジネスにおける経営革新のリーダーを育成する「ハリウッド大学院大学」。
業界のパイオニアであるハリウッドビューティグループが91年の成果を結集して2008年に開学して以来、美容、化粧品業界などにおけるイノベーターとしての経営者を輩出してきた。世界初のビューティビジネス専門職大学院の意義について、理事長・学長の山中弘氏に伺った。

ハリウッド大学院大学で学ぶ対象となる研究分野について教えてください

ハリウッド大学院大学

本学の研究分野をひとことで言えば、ビューティビジネスを核としたサービス産業ということになります。
ビューティビジネスとは、狭義では美容・理容・化粧品産業を指しますが、広義ではビューティライフ産業、健康・医療、ファッション、旅行、流通、フード、ライフスタイル、教育、ホスピタリティ、環境など、あらゆる分野が含まれます。

ビューティビジネスの理論やノウハウはサービス産業全体に共通するものです。本学では、ビューティ文化論を始め、美学、心理学を含む「ビューティ基礎科目」とあわせて、サービス産業論を始め、経営学、マーケティング、経営会計論などを含む「サービス基礎科目」を学びます。さらに、マネジメント、ビジネス、テクノロジーに関するそれぞれの「発展科目」のほか、「前提科目」としてビジネスの基礎となる簿記会計論や、サービス心理学、ビジネス日本語などの科目も自由に受講することができます。

ケーススタディを中心とした
「理論と実践の有機的結合」

政府は新成長戦略の一環として、サービス産業の労働生産性を上げる目標などを立てて推進に力を入れています

日本のGDP(国内総生産)でも就業人口でも、その7割をサービス産業が占めています。サービス産業の生産性を向上することは、日本経済全体を成長に導く強力な起爆剤となります。政府は現在、そのための人材育成に力を入れ、2014年度から5年間で全国50大学に専門の学部・学科を設置するという目標を掲げて推進しています。

話は戻りますが、日本の美容技術は世界のトップレベルであるにも関わらず、先進国の中では生産性が低く、料金はアジア諸国と大差ありません。高い付加価値が価格に反映していないのは、経営者の責任です。

ビューティビジネスに限らず、「おもてなし」に象徴されるように、日本のサービスは世界一なのです。高度な日本のサービスの付加価値をきちんと経営成果にまで高めるには、高度な経営管理やマーケティングスキルを持つリーダーの育成が不可欠です。

ハリウッド大学院大学はそうした社会的使命を担っているのですね

じつは、大学院大学の構想は、私が学生の頃から頭に描いていました。大学院では、いわゆる「学問」に閉じこもるのではなく、現実を直視した実学を行うことが大切であり、米国のMBAのような教育が必要だと思っていました。そのときに考えたスローガンが「理論と実践の有機的結合」です。これは、ハリウッド大学院大学のカリキュラムポリシーとなっています。

本学では、産業界と大学院との産学協同による「理論と実践の有機的結合」の教育システムによって、高い学識をもつ「研究者教授」と、豊富な実務経験をもつ「実務家教授」との連携によって、ビジネススクール(経営大学院)のようなケーススタディを中心とした指導を行っています。

また、16年度にはカリキュラムを改訂し、ビューティデザイン系とライフスタイル系という2つの領域に分け、人的サービス産業科目を充実させました。

さらに、産学協同に加えて「官」すなわち行政との協同も強化していきます。経営革新には行政との連携も重要です。たとえば、先ほど挙げたサービス産業論という科目では、経済産業省から講師を招き、15回の連続授業を行っています。これは珍しいですよ。

修了するとMBBの学位を取得
在学中に起業する学生も

大学院ということは、4年制大学を卒業して学士の学位を取得する必要がありますか

もちろん、学士は入学資格の主要な条件の1つではありますが、「専門職大学院」である本学では、専門学校の高度専門課程(4年制)で取得できる「高度専門士」の称号取得者にも受験資格があります。そのほか、たとえば4年制大学に3年以上在籍し、所定の単位を取得するなど一定の条件を満たした場合などでも受験資格を与えています。

本学の課程を修了すると、MBB(Master of Beauty Business)と略称される「ビューティビジネス修士(専門職)」の学位を取得できます。

本学のようなビューティビジネス専門職大学院は世界で初めてです。カリキュラムの充実も含めて、「専門職大学院大学の教育はこうあるべきだ」というモデルを提示していきたいと思っています。

MBBとなった修了生はどのような活躍をされていますか

本学が育成を目指す人材は、イノベーターとしての経営リーダーです。変化に「適応する」人材ではなく、変化を「生み出す」人材です。そのために「プロジェクト成果報告」という必修科目があります。学生は自分が行いたいビジネスモデルをまとめ、研究者教授と実務家教授が連携して、議論しながら実践的な研究成果へと練り上げていきます。「これは」というプロジェクトには、資金融資などの創業支援も行っています。

こうして、これまで多くの修了生が自分で会社を興したり、社内で新事業を提案して活躍しています。在学中に創業する学生もけっして珍しくありません。計画を評価されて企業に採用された修了生もいます。

日本経済の成長の鍵を握るサービス産業で、新しいビジネスを興したい、あるいは、異業種から新規参入するためのノウハウを身につけたい。そんな意欲を持った方は、ぜひ本学への入学を目指してほしいと願っています。

ハリウッド大学院大学