【大和大学 学長インタビュー】日本の未来を切り開く次代に活躍するリーダーを育てる|大学Times

  1. 大学Times
  2. 特集記事一覧
  3. 【大和大学 学長インタビュー】日本の未来を切り開く次代に活躍するリーダーを育てる

大学Times Vol.21(2016年7月発行)

【大和大学 学長インタビュー】日本の未来を切り開く次代に活躍するリーダーを育てる

18歳選挙権がいよいよスタートし、若い人たちの政治の関心が高まることが期待されている。開学3年目を迎え、2016年4月から西日本唯一の「政治経済学部」を新設した大和大学。市議や県議、衆議院議員を務めた経歴を持つ田野瀬学長に、その目的やビジョンについて伺った。

「国づくりは、人づくりから」
政治と経済を横断的に学ぶことの重要性

「政治経済学部」の設立の経緯を教えてください

学校法人西大和学園が最初の教育機関として西大和学園高等学校を設立したのは、今から31年前です。「将来、さまざまな分野でリーダーとなって活躍する人材を育てたい」という志から、これまで培ってきた経験すべてを活かして大和大学を設立しました。そして、開学3年目にして、念願の「政治経済学部」を開設することができました。

私は長年、政治活動に取り組んできました。そのなかで、ずっと感じてきたことは「国づくりは、人づくりから」ということです。原点は50年前、学生時代にアルバイトをしながら、ロシアからヨーロッパ、中近東など1年かけて世界の33か国をまわったことにあります。その時、さまざまな価値観にふれ自由主義社会のよさを感じました。政治によって人々の暮らしぶりが違うということを知ったからです。

話は戻りますが、これまで西日本には、政治、行政、経済、経営、商学、法学など社会科学系統のあらゆる分野を横断的に学ぶ学部はありませんでした。政治と経済は、互いに独立した分野として捉えられがちですが、実際は複雑につながりあう車の両輪のような関係です。この5月に開かれたG7伊勢志摩サミットの議題も、おもに世界経済や貿易のことでした。経済・経営・政策を学ぶうえで、政治を抜きにして考えることはできないのです。

政治を身近に感じる努力を続けて
10代の声を政策に活かす

主権者教育についてどのようにお考えですか?

日本の社会をもっと良くしたいと思うとき、どんな方法があるのか知ることからでしょう。選挙は民主主義の根幹です。選挙に参加することによって、意見がはじめて政治に反映されます。選挙年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられたのは、若者の声を政策に活かしたいという狙いがあるからです。日本の国会は衆議院と参議院の二院制です。片方の議院で議決された内容を、もう片方の議院で違う角度から検討し、慎重に審議を重ねています。

私が高校生に向かって話す時は、政治を身近に感じてほしいという思いから、「国会のトップは誰か知っていますか?」「内閣総理大臣はどのようにして選ばれたのでしょうか」「法律はどのようにして作られるの」「国の政治と地方の政治の違い」など、質問を交えながら話すようにしています。

「候補者をどうやって選べばいいのかわからない」といった声もありますが、2013年の法改正でインターネットを使った選挙運動ができるようになり、候補者がホームページやブログ、SNSなどで自らの意見を発信できるようになりました。政策や考え方、人柄を知るためにチェックするのも良いのではないでしょうか。また私自身のこれまでの経験を活かし、これから有権者となる高校生に国のしくみや、選挙に参加するということに関して話す機会をぜひ持ちたいですね。

選挙とは、自らの声や考えを市政や県政、国政に届けてくれる人を選ぶもので、ここから自分の生き方を考える機会につながるのではないかと考えます。

時代認識を深め 志をもって行動する

「政治経済学部」からどんな人材を輩出したいとお考えですか?

これからの日本社会、地域社会を支えていく政治・経済に強いリーダーを育てることが目標です。また、政治や行政、経営などさまざまな分野に寄与する人材の輩出をめざし、「たのせ塾」を開いています。今まで私が歩んできた経験を伝えていきたいとはじめたところ、すでに大きな手応えを感じています。

大和大学のスローガンは「大志を、まとえ。」 この言葉は学生たちとともに、大学づくりに取り組む私たちにも向けられています。時代認識を深め、志をもって行動する人を世に送り出したいと思います。

大和大学 学長 田野瀬 良太郎

大和大学 学長 田野瀬 良太郎

【 経歴 】
大学時代1年間アルバイトをしながら、ロシアからヨーロッパ、中近東、東南アジア等33カ国を歴訪。これを機に政治の道を志し、1973年市議会議員初当選。その後、県会議員、衆議院議員に当選し、自治政務次官・財務副大臣・自民党文部科学部会長・自民党三役・総務会長等を務める。議員活動を始めてまもなく、教育は政治上の最重要課題であると痛感し、実践として1981年なかよし保育園を開園。西大和学園高等学校・西大和学園中学校・西大和学園カリフォルニア校・白鳳女子短期大学(現 白鳳短期大学)を設立。2014年4月、西大和学園の集大成として大和大学を開学し、学長に就任。名古屋工業大学卒、柔道5段。