「大学ism」〜わが大学の誇り 芝浦工業大学|大学Times

  1. 大学Times
  2. 特集記事一覧
  3. 「大学ism」芝浦工業大学

「大学ism」〜わが大学の誇り 芝浦工業大学 多様な価値観に対応した「ものづくり」のために、芝浦工業大学が変わる。建築学部の誕生とデザイン工学部のリニューアル

建築や工学デザインの世界では、従来とは異なる新しいニーズが生まれ始めている。変化に対応するため、芝浦工業大学では2017年4月から、建築学部を新設し、デザイン工学部も生まれ変わる。その狙いや意義を、建築学部開設準備室の堀越教授、デザイン工学部の古屋教授と山崎教授に伺った。

幅広いニーズや課題に対応するために建築学部を新設

まず、この時期に建築学部を新設する狙いをお聞かせいただけますか。

芝浦工業大学

芝浦工業大学は、1927年に前身である東京高等工商学校が開学した当時から建築の学科を設置し、建築技術者を育てたいという思いを持っていました。90周年を機に、工学部の建築学科と建築工学科、デザイン工学部の建築・空間デザイン領域を、建築学部建築学科に統合して次世代を担う建築教育を進めるという動きが生まれました。

これは、建築の役割が社会の中で多様な展開を見せ始めたことに関係しています。昨今は新築も多いですが、同じくらい既存の建物を改修して付加価値を与えるリノベーションが必要とされています。また、従来なら条件に沿った建築物を作るのが主でしたが、今後は建築物が本当に必要かも考えられる技術者が求められるでしょう。

このような変化に対応するために、工学的なベースを身につけた誠実な人材を建築業界に送り出してきた本学の伝統を活かしつつ、3つのコースを設置しました。そのうちの2つ、空間・建築デザインコース(略称[SA])と都市・建築デザインコース(略称[UA])は互いにリンクしています。SAはインテリアからまちづくりまで、総合的な視点で建築を学べるコースです。SAよりも大きな視野で建築をとらえ、都市計画などにも積極的に関わりたい人は、UAで都市空間を含めた建築が学べます。つまり、SAとUAは建築をスケールで考えてコースを分けているのです。3つ目の先進的プロジェクトデザインコース(略称[AP])では、建築の構造や環境のことまで理解したうえで、空き家改修や発展途上国におけるまちづくりなどの多様なニーズに柔軟に対応できる人材を育てます。なお、入試ではコースを選択して受験することになります。

新設に伴い、大宮で学んでいた1、2年生も豊洲で学ぶことになるそうですが、何か意図があるのでしょうか。

豊洲という1つの場所で4年間学ぶことが、多様な教育を実施するにあたって、これまで以上にメリットになると考えています。建築技術者は、先輩の姿を見て育っていくという側面があります。また、建築は卒業設計等で先輩と後輩が共同で作業することも多い分野です。そう考えると、1年生から大学院生までが1つのキャンパスで学ぶことは、一貫教育として非常に重要な意味を持ってきます。

どういう学生に芝浦工業大学の建築学部を受験してもらいたいですか。

建築の本来の目的は、建築物を通していろんな人を助けたり、喜んでもらったりすることにあります。目に見える形で、身の回りの空間や公共の場を創造して世の中に貢献することができる分野ですから、ものづくりに興味があって人に喜んでもらうことが好きな人は、建築に向いています。それだけで十分なのです。仕事をしていく過程で多くの人たちと共感して、喜びを分かち合える方に、ぜひ受験してほしいです。

新時代のデザインと工学のニーズに応える2つの系を設置

芝浦工業大学

デザイン工学部が新しくなるそうですが、どこが変化したのですか。

従来のデザイン工学部は、建築分野も含めた3領域で構成されていましたが、2017年度から生産・プロダクトデザイン系とロボティクス・情報デザイン系の2つとしました。

生産・プロダクトデザイン系では、製品のデザインとともに材料や機械のことも理解できる人材を育てます。例えばiPhoneのボディは、アルミ削り出しという大量生産が難しい技術で作られています。これは、デザインと生産の連携がないと実現できなかったものです。今後、世界のトップに追いつくために、このような製品を創造できる、デザインと生産の両方を理解する人材が必要とされているのです。

ロボティクス・情報デザイン系では、情報やロボティクス等を通して、もの全体の世界観を生み出せるデザイナーを育成します。ロボット掃除機のルンバは、単に掃除をする機能以外にも可愛らしさや癒しをユーザに与え、ルンバ用の家具なども生まれています。このように製品に付随する世界観や使うプロセスを通して、満足感や価値を感じてもらえることを狙ったデザインのニーズが高まっています。その主だったものがロボティクスであり、世界観を生み出す上で必要なのが情報デザインや情報処理技術です。

入試では系を選んで受験することになりますが、どちらの系にいても学部内のどの授業も取れます。また、条件次第で入学した後に系を移ることも可能です。

学部として英語やグローバル教育などにも力を入れていますか。

デザイン工学部は学内でも英語の成績はトップクラスです。語学に熱心な学生が多く、学部内のTOEICの受験率も100%です。現在は生産の拠点がアジアを中心とした海外に移っていますから、デザイン工学の分野でも英語力や異文化の理解といった素養が必要です。また、世界的にデザインと工学をつなげるというニーズが増えていて、英語ができればチャンスを得やすいのです。

海外の提携大学と連携して行っている、「グローバルPBL(課題解決型学習)」も盛んに実施しています。これは実際にアジアやイギリスなどに行ったり本学に来てもらったりして、海外の学生たちと課題を通じて交流するものです。デザインの課題はわかりやすく国際交流しやすいのも利点になっています。

どんな学生にデザイン工学部に入学してほしいですか。

いろんなことを面白いと感じられる学生にきてほしいです。デザインは数学のように決まった答えがない中で、ユーザがどう感じるかを考えて、ものを作る分野です。デザイン工学部では1年次から、ユーザ指向でものを考えるための教育を実施していますし、創造的な人材を育てる土壌は揃っています。世の中のいろんなことを面白がれる人が集って、新しいデザイン工学部を築いていってほしいと考えています。