【これからの日本を変えるこの分野】大規模な地震・津波・洪水etc.”災害から一人でも多く救いたい!”日本初の危機管理学部とは。|大学Times

【これからの日本を変えるこの分野 千葉科学大学 危機管理学部】大規模な地震・津波・洪水etc.”災害から一人でも多く救いたい!”日本初の危機管理学部とは。

われわれ日本人は、昨年の大震災や地球温暖化による自然災害を目の当たりにし、「もしかしたら自分にもいつかふりかかるかも・・・」という不安から「危機管理」の必要性を意識するようになった。その危機管理を学問として研究している大学がある。今回は千葉科学大学の坂本教授に危機管理学とはどのような学問であるのか、学生は何を学ぶのかを伺った。

リスクマネジメントから環境科学、さらに災害救助まで習得 非常事態に的確に対処できるトータルコーディネーターをめざす

危機管理は事前・事後、
あらゆる想定をすることから

「危機には遭いたくない。しかしどうしても避けられないのなら、その被害を出来るだけ最小限にしたい」という願いは全人類、全世界共通のものである。危機管理学とは、一口に言えばわれわれが暮らしていく中で起こる可能性のある不都合な出来事(危機)に、いかに的確に対処するかを考える学問。

危機管理には、あらゆる危機の発生を事前に想定し危機の発生を未然に防止するための予防策である事前対策(リスク管理)、また危機発生直後に被害を最小限に食い止め、迅速に危機に対処するための緊急対策(危機管理)、さらに危機が一応収まった段階での二次災害や再発防止に向けての対策(事後対策=復旧・復興対策)などの要素がある。

例えば、大震災等で発生する災害は、火災・爆発・交通障害・土砂災害・建造物破壊・ライフライン損壊等多岐にわたり、それに対処すべきことも二次災害防止、ライフライン確保、情報収集と発信、原因究明、生活環境の保全、救急救命等多方面にわたる。さらに危機管理の立場から災害発生以前の予知と予防、危機対策マニュアル作成、緊急事態が収拾したのちの再発防止と環境への影響調査ならびに心理学的後遺症(PTSD)対策等が必要とされる。これらの事態に適切に対処するために危機管理学部では実践的な教育・研究を行っている。

危機管理はグローバルに考える時代に

近年、地球温暖化の影響によるものかゲリラ豪雨や竜巻が多発しており、自然災害に対する危機管理が求められている。一方、企業においても急激な経済情勢の変動に伴う企業継続性の維持が問われる事態も多発している。そんな中で起きた東日本大震災とそれに伴う原子力発電所の事故に関連して、危機管理の必要性・重要性が広く認識されるようになってきた。我が国唯一の危機管理学部として、様々な分野における危機管理の手法を教育・研究することは、今後の社会の発展に向けて、ますます期待が高まってきている。危機管理が必要な分野は、自治体の危機対策、環境保護、災害医療、工場や交通機関の事故対応、企業継続性維持、など、様々な分野におよび、さらに国と国との境を越えて、グローバルに考える必要に迫られている。

ボランティアを通して災害の実像を学ぶ

坂本教授自身の専門は環境分野のリスク評価(危機予測)であり、地すべり危険地帯での地質調査によりその危険性を評価し、早期の避難指示に結びつけることによって、人的被害を最小限に抑える研究などを行ってこられたそうだ。また、酸性雨に関係して人口酸性雨の実験から、酸性雨の進行による植物の枯死や発育不全が、岩石からのアルミニウムなど重金属の溶出による可能性について研究されている。

危機管理学部の学生はフィールドワークとして、ボランティアセンターを通じた活動を行っている。昨年の震災直後には隣町である千葉県旭市の復旧(瓦礫除)ボランティア活動、夏休みを利用した東日本大震災被災地である岩手県での災害ボランティア活動、茨城県での竜巻被災地での救助活動など、地元の人と接することで災害の実像を学んでいる。

フィールドワーク(ボランティア)

また、学生サークルである学生消防隊やスターラビッツ(地元警察署と連携した防犯活動)などがあり、市民からも注目されている。学科単位では、環境や動物系の学科による地域環境調査、海洋生物観察、ダイビング実習、銚子市周辺の地質観察を行い、環境保全および、危機管理を学んでいる。

日本のココが変わる

坂本尚史教授

「高まる危機管理の重要性」

我が国では水と安全はただで手に入るものと考えられてきたが、東日本大震災以来、テレビや新聞等で暮らしの安全が脅かされる事態発生のニュースが日増しに増えてきている。危機管理は、安全で安心な社会を創り出す上でなくてはならない考え方となってきた。危機管理学を学んだ卒業生が、社会の様々な分野で活躍し、暮らしの安全・安心を守ってくれることを期待している。

坂本尚史 略歴

1970年早稲田大学教育学部理学科卒業、1975年早稲田大学大学院理工学研究科修了(工学博士)、1975年岡山理科大学理学部講師、助教授、教授を経て2004年千葉科学大学危機管理学部教授、2012年同大学危機管理学部長(現在に至る)。