金沢大学と立教大学が連携・協力に関する協定を締結 -- 観光産業分野をはじめとする中核人材の育成を目指す|The大学Times

金沢大学と立教大学が連携・協力に関する協定を締結 -- 観光産業分野をはじめとする中核人材の育成を目指す大学通信 2021.4.9

 金沢大学は2018年4月に人間社会学域地域創造学類に観光学・文化継承コースを設置し、2022年4月には融合学域に観光デザイン学類(仮称)の設置を予定している。二つの学域にまたがり、人文・社会科学のみならず科学技術の分野融合の知見を基盤に地域をデザインしブランディングできる人材育成に取り組んでいく。
 立教大学は1946年に開講した「ホテル講座」を皮切りに、70年以上にわたる観光教育の歴史を有しており、1998年に日本で初めてとなる観光学部を設置。ビジネス、地域社会、文化現象という3つの視点から観光という学問を探究し、日本と世界の観光業を支える多くの人材を輩出している。



 締結式は3月29日に、石川県七尾市の和倉温泉加賀屋で実施。金沢大学の山崎光悦学長ならびに立教大学の郭洋春総長のほか、協定締結への支援が大きかった株式会社加賀屋相談役の小田禎彦氏も列席し、調印を行った。なお、日本を代表する旅館である加賀屋は同地に本社を置いており、小田氏は立教大学のOBでもある。


 このたびの協定締結により、両大学の連携を十二分に生かし、産業界、自治体等と一体となって、観光をはじめとする人材の育成を目指していく。

(参考)
■金沢大学 融合学域観光デザイン学類(仮称)
・令和4(2022)年4月設置に向けて構想検討中
【養成する人材像】
 地球規模で急速に起こっている社会の変容や価値の共感を的確に踏まえた上で、我が国の観光産業の諸課題に関し、人文・社会科学や自然科学等の多様な知見を活用しながらその解決に取り組むとともに、Society5.0や新たな日常に対応し、多核連携型の国際観光立国を見据えた新たな観光価値をデザインできる人材の養成を目的とする。
※名称等は現時点の案であり、変更の可能性がある


▼本件に関する問い合わせ先
金沢大学 総務部広報室
住所:〒920-1192 石川県金沢市角間町
TEL:076-264-5024

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから