附属農場×奈良病院のコラボレーション 近畿大学附属農場で栽培した南高梅、紫キャベツを病院食として提供|The大学Times

附属農場×奈良病院のコラボレーション 近畿大学附属農場で栽培した南高梅、紫キャベツを病院食として提供大学通信 2021.6.9

【本件のポイント】
●近畿大学附属農場と近畿大学奈良病院とのコラボレーション企画
●総合大学の利点を生かし、附属農場で栽培した南高梅、紫キャベツを病院食として提供
●彩り豊かな食材を提供することで、入院生活の中にも楽しい食事を演出

【本件の内容】
近畿大学奈良病院では、令和元年(2019年)7月から毎月12日を「近大プレート」の日とし、近畿大学に関連した食材を取り入れたメニューを患者様に提供しています。令和3年(2021年)6月12日(土)は、近大青梅ドレッシングの和え物と紫キャベツの千切りを「近大プレート」の一品として提供します。
近畿大学附属湯浅農場では、約30年前から南高梅を栽培しています。南高梅は、和歌山県みなべ町が発祥の地であり、種が小さく果肉が厚いのが特徴です。
また、附属生石農場で紫キャベツを生産しています。紫キャベツは、抗酸化作用のあるアントシアニンを含み栄養価が高いのが特徴です。今後、6月17日(木)には紫キャベツを使用した「あじさいゼリー」を、8月12日(木)には「青梅ゼリー」を提供する予定です。

【実施概要】
日  時:令和3年(2021年)6月12日(土)18:00
メニュー:青梅ドレッシングの和え物
     紫キャベツの千切り
場  所:近畿大学奈良病院
     (奈良県生駒市乙田町1248-1、
      近鉄生駒線「東山駅」から徒歩約10分)
対  象:入院患者様 約200人
     (特別な食事制限が必要な患者様を除く)

【「近大プレート」について】
近畿大学奈良病院では、令和元年(2019年)7月から毎月12日を「近大プレート」の日とし、近畿大学に関連した食材を使用したメニューを患者様に提供しています。これまでに、近畿大学附属農場で栽培した「近大みかん」「近大マンゴー」「ビーツ」や、農学部の学生が栽培した「ミニトマト」「さつまいも」「じゃがいも」、大和伝統野菜の一つである「ひもとうがらし」などを提供してきました。
また、近畿大学が包括連携協定を結んでいる奈良県平群町で栽培されたイチゴ(古都華)なども提供し、地産地消にも積極的に取り組んでいます。近畿大学奈良病院独自の取り組みで、入院中の患者様に食べる楽しみを提供します。

【関連リンク】
近畿大学附属農場
https://www.kindai.ac.jp/farm/
近畿大学奈良病院
https://www.kindainara.com/

▼本件に関する問い合わせ先
広報室
住所:〒577-8502 大阪府東大阪市小若江3-4-1
TEL:06‐4307‐3007
FAX:06‐6727‐5288
メール:koho@kindai.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像

ニュース検索

注目ワード
日付から
ワードから