日本映画大学の学生が5月12日〜14日まで第8回学生企画上映会「逃亡映画祭」を川崎市アートセンターで開催 -- ゲストトークで行定勲監督、外山文治監督、サトウトシキ教授らが登壇大学通信 2023.4.27

日本映画大学は5月12日(金)〜14日(日)まで、川崎・しんゆり芸術祭(アルテリッカしんゆり)の一環で川崎市アートセンターにおいて第8回学生企画上映会「逃亡映画祭」を開催する。これは、同大の授業「上映企画ワークショップ」の一環として行われるもので、今回はさまざまな「逃亡」をテーマとした映画を上映。12日(金)の『覗きがいっぱい 愛人の生下着』上映後に映画監督で同大教授のサトウトシキ氏、13日(土)の『ソワレ』上映後はOBの外山文治監督、14日(日)の『今度は愛妻家』上映後には行定勲監督によるトークショーを予定している。事前申し込み不要。入場料は一般1,100円、学生500円。



【企画趣旨】
 日本映画大学の授業「上映企画ワークショップ」「映画祭プロジェクト」では、学生がテーマを決めて上映会の企画を練り、作品選定、ゲスト交渉、広報宣伝を手がけ、総仕上げとして映画館での上映会を開催しています。
 これまで「団地」「夫婦」「親子」「ディストピア」「ライブ」「手紙」「花」といったテーマを掲げて川崎市アートセンターで特集上映を行ってきました。今年のお題は「逃亡」。逃げる⇔追うの関係は映画の王道。バリエーションも様々です。
 どうぞお楽しみください。
(映画学部長 石坂健治)

【企画リーダーから観客の皆さまへ】
 皆さんは、「逃亡」したことはありますか?
 ないと思っていても、実は妄想や夢を抱くことで、現実からの逃避をしたことがあるのではないでしょうか。そう考えると、案外「逃亡」というものは、身近なものですよね。
 物理的な逃避、精神的な逃避、逃げることは善なのか悪なのか......。「逃亡」にはそれぞれの人の様々な思いや欲望が凝縮されています。
 清々しい疾走感とともに、濃い人間模様を味わう体験をしてみてはいかがでしょうか。
(脚本コース4年 赤城安奈)
※チームメンバー 岩崎優実、覃星翼、玉置正義、佐藤アーシャマリア、鷹野友宥、大村小雪、鄭大熙、本多俊介、中田千夏子、杉本啓輔/方位

8回日本映画大学 学生企画上映会「逃亡映画祭」
【日 程】 2023年5月12日(金)〜14日(日)
【会 場】 川崎市アートセンター アルテリオ映像館 (小田急線・新百合ヶ丘駅北口・徒歩3分 / https://kac-cinema.jp )
【入場料】 一般:1,100円/学生:500円 ※各種割引なし・シネマ会員ポイントあり
【主 催】 日本映画大学上映企画ワークショップ
【共 催】 川崎市アートセンター/川崎・しんゆり芸術祭実行委員会/川崎市/川崎市教育委員会
【後 援】 「音楽のまち・かわさき」推進協議会/NPO法人しんゆり・芸術のまちづくり/「映像のまち・かわさき」推進フォーラム
【上映協力】 今村プロダクション/東宝/国映/ニューセレクト/ハピネットファントム・スタジオ/KADOKAWA/東京テアトル/東映
【上映会ホームページ】 https://www.eiga.ac.jp/eigadaifes/2023/

<上映スケジュール>
■5月12日(金)
○14:25〜
『人間蒸発』 (1967年/日本/129分/DCP)
・監督:今村昌平
・キャスト:露口茂、早川佳江、今村昌平

○17:05〜
『ゴールデンスランバー』 (2010年/日本/139分/35mm)
・原作:伊坂幸太郎/監督:中村義洋/脚本:中村義洋、林民夫、鈴木謙一
・キャスト:堺雅人、竹内結子、吉岡秀隆、劇団ひとり、香川照之

○19:55〜
『覗きがいっぱい 愛人の生下着』 (1994年/日本/55分/R18+/16mm)
・原題:『「明日のジョー」は生きてるさ』
・監督:本藤新(サトウトシキ)/脚本:南極1号(瀬々敬久)
・キャスト:小島康志、林田ちなみ、葉月螢、姫ノ木杏奈
★上映後トーク: サトウトシキ [日本映画大学 教授/映画監督](21:20終了予定)

■5月13日(土)
○14:25〜
『ファイター、北からの挑戦者』 (2020年/韓国/104分/DCP)
・監督・脚本:ユン・ジェホ
・キャスト:イム・ソンミ、ペク・ソビン、オ・グァンロク

○16:40〜
『マイ・ブロークン・マリコ』 (2022年/日本/85分/DCP)
・原作:平庫ワカ/監督:タナダユキ/脚本:向井康介、タナダユキ
・キャスト:永野芽郁、奈緒、窪田正孝、尾美としのり、吉田羊

○18:35〜 
『ソワレ』 (2020年/日本/111分/PG12/DCP)
・監督・脚本:外山文治
・キャスト:村上虹郎、芋生悠
★上映後トーク: 外山文治 [映画監督] (21:00終了予定)

■5月14日(日)
○14:25〜
『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』(2001年/日本/89分/35mm)
・原作:臼井儀人/監督・脚本:原恵一
・キャスト:矢島晶子、ならはしみき、藤原啓治

○16:25〜
『今度は愛妻家』 (2010年/日本/131分/35mm)
・原作:中谷まゆみ/監督:行定勲/脚本:伊藤ちひろ
・キャスト:豊川悦司、薬師丸ひろ子、水川あさみ、濱田岳、石橋蓮司
★上映後トーク: 行定勲 [映画監督](19:05終了予定)

▼上映会に関する問い合わせ先
 川崎市アートセンター
 TEL: 044-955-0107 (月曜休館)


▼本件に関する問い合わせ先
日本映画大学 入試・広報部
TEL:044-951-2511
メール:info@eiga.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供

■参考画像