「教育力が高い大学」「入学後、生徒の満足度が高い大学」全国女子大学1位--進路指導教諭が評価する大学ランキングで高い評価を獲得大学通信 2023.11.24

東京女子大学(東京都杉並区、学長:森本あんり)は、大学通信の調査による大学ランキング「2023年 進路指導教諭が評価する大学ランキング」※において多数の項目でランクインしました。中でも「教育力が高い大学」全国女子大学1位(全国私立大学11位)、「入学後、生徒の満足度が高い大学」全国女子大学1位(全国私立大学14位)と高い評価を獲得しました。同大は1918年の創立以来一貫してキリスト教の精神に基づくリベラルアーツ教育を行っており、近年はその現代的な展開のため2年にわたる教学改革を進めています。

【「2023年 進路指導教諭が評価する大学ランキング」結果抜粋】
教育力が高い大学 全国女子大学1位(全国私立大学11位)
入学後、生徒の満足度が高い大学 全国女子大学1位(全国私立大学14位)
研究力が高い大学 全国女子大学2位
就職に力を入れている大学 全国女子大学2位
面倒見が良い大学 全国女子大学3位(全国私立大学10位)
入学後、生徒を伸ばしてくれる大学 全国女子大学3位



※大学通信が全国の約2000進学校を対象にアンケートを行い、回答のあった645校の集計結果



■2023年 進路指導教諭が評価する大学(大学通信Online) https://univ-online.com/rank4/



教育力をさらに高める教学改革を2年にわたり行う
高等教育と大学教育の円滑な接続を意識し、これからの社会で必要とされる学びを提供するため、2024年度と2025年度の2年にわたって教学改革を行います。2024年度には「全学共通カリキュラムの大胆な改正」「情報数理科学専攻の立ち上げ」「経営学分野の強化」を実施。2025年度には、2024年度の改革を布石に、1学部5学科から1学部6学科に学科を再編します。



■教学改革特設サイト https://www.twcu.ac.jp/pr/twcu_evolution/index.html

卒業生対象の調査でも高い満足度を示す値
卒業生を対象とした調査結果では、大学生活の満足度は90.9%※と非常に高い値を示しています。東京女子大学の英語表記Tokyo Woman's Christian Universityの「女性」は単数形です。そこには、学生一人ひとりを大切に育てたいという思いが込められています。授業は少人数のクラスが基本です。学生一人ひとりの主体性を引き出します。研究発表を行う演習形式の授業を通して、さまざまな意見と向き合い、協働して問題解決に当たるなど、自ら学び考える力を養います。また4年次の卒業論文・卒業研究でも手厚い指導が実現します。また、キャリア支援においても、各専攻の担当職員が、学生一人ひとりの活動状況を把握したうえで、内定が出るまできめ細かく支援します。


※「東京女子大学の教育ならびに卒業生の就業状況に関する調査」(2021年度)における「今振り返ってみて、本学での卒業までの学びについてどの程度満足していますか」という質問に対する、肯定的な回答の割合(対象:2011年3月、2018年3月卒業者)

■学びの特色(東京女子大学公式サイト) https://www.twcu.ac.jp/main/features/index.html
■キャリア(東京女子大学公式サイト) https://www.twcu.ac.jp/main/career/index.html


▼本件に関する問い合わせ先
東京女子大学
広報課
住所:〒167-8585 東京都杉並区善福寺2-6-1
TEL:03-5382-6476
FAX:03-3395-1212
メール:pr@office.twcu.ac.jp

大学通信詳細ページ
プレスリリース配信 大学通信提供