特集 グローバル人材育成入試|大学Times

  1. 大学Times
  2. 特集記事一覧
  3. 特集 グローバル人材育成入試

特集 グローバル人材育成入試 英語の入学試験は外部試験へ導入の動き 「読む」「書く」に加え「聞く」「話す」を総合判定

文部科学省の大学におけるグローバル人材育成の推奨より、全国の大学が競ってグローバル化に向けてしのぎを削っている。その一環として、大学入試での外部英語試験の活用が注目を集めている。その試験の種類と特徴について調べてみた。

グローバル人材に求められるのは専門性+語学力

大学の入試制度は毎年多様化しているが、ここ数年の新しい傾向としてグローバルという名称がついた入試制度が目を引く。文部科学省も「グローバル人材育成と英語でコミュニケーションができるというレベルではない。グローバル人材というと英語能力ばかり問われるようだが、実際必要なのは英語をツールとして、専門分野を磨くことである。大学では英語を「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を使いこなし、経済学や理学・工学などの専門分野の授業を英語で受けられる程度の語学力を養うことが根本的なねらいである」としている。

そして、その4技能を正しく測定するには、従来の英語の入学試験では限界があった。特に「話す」技能の判定には一人ひとり個別の面接をしなければならないからである。それを解消するため、外部英語試験を利用する大学が増えているというわけである。英語の試験というと財団法人日本英語検定協会の実用英語検定試験(英検)が一般的であり、英検を利用している大学が最も多く、次いでTOEFL、TOEICであるが、最近はそれ以外の外部試験を取り入れている大学が増えている。下の表を見ても分かるように、外部試験でも、その目的は異なるため、評価の基準が違ってくる。グローバル入試を実施している大学及びその学部・学科のほとんどが留学を推奨しているので、留学時に使える英語力の判断基準としている点もあるだろう。

PDF英語の入試判定に活用されている主な外部試験

最大のメリットは複数回挑戦でき、スコア獲得後は他の科目に集中できる

外部試験の大きなメリットは、入試が一回勝負で合否が決まってしまうのに対し、年に数回チャレンジすることができること、外部試験のすべてとは限らないが、自分に合った問題を選択して受験できる点、もあるだろう。また、多くの試験は全国複数会場で実施しているので、比較的家の近くで受験することができる。

さらに、もう一つのメリットは外部試験で大学の提示する基準スコアを獲得できれば、その後は他の科目に集中して勉強をすることができるところだろう。

一方、デメリットとして挙げられているのが、大学の入学試験にかかる費用の他に英語の試験のために別途受験料を負担しなければならない点にある。試験によってはかなり高額な受験料を払わなくてはならず、IELTSなどはパスポートの提示が必要となっている。外部入試導入により、受験生の格差が出るのでは…という懸念もあるようだ。

しかしながら、現在は一部学科のみ実施しつつ、今後も様子をみながら、広げていきたいとしている大学や他の大学の結果を見て導入したいと考えている大学など、今後ますます外部試験利用大学は広がるものとみられる。

受験生にとっては、英検やTOEIC、TOEFLなどは攻略本などが多く出回っているので対策はとれるが、他の試験はまだまだ根付いていないため、これから対策を急がなくてはならないだろう。

多くの大学にとって、「グローバル人材育成」は始まったばかり。外部試験を利用することで受験生が、語学力に一層磨きをかけ、さらに世界に目を向け行動するための第一歩として活用されていくことを願いたい。

各試験団体のデータによるCEFR