【これからの日本を変えるこの分野 東京有明医療大学 保健医療学部鍼灸学科】|大学Times

【これからの日本を変えるこの分野 東京有明医療大学 保健医療学部鍼灸学科】欧米で大きな期待を集める鍼灸治療
今、日本で求められる鍼灸の研究者

およそ二千年前中国で誕生した鍼灸は日本で独自の進化を遂げ、民間療法の一つとして、西洋医学でも治療しにくい慢性の痛みや症状に効を奏している。近年では、スポーツや美容などの新しい分野でも展開され、科学的な研究によって鍼灸の可能性は広がっているという。今後、統合医療で期待される鍼灸の学びと可能性について、保健医療学部鍼灸学科高倉伸有学科長に伺った。

“鍼灸”は古くて新しい医療分野 科学的に解明されつつあるメカニズム

鍼灸は身体だけでなく心にも
働きかけ自然治癒力を高める

【これからの日本を変えるこの分野 東京有明医療大学 保健医療学部鍼灸学科】

鍼灸(しんきゅう)とは、鍼(はり)と灸という二つの方法を用いて行われる東洋医学の代表的な治療法。二千年以上前の中国で誕生し、日本には6世紀ごろ朝鮮半島から伝来したとされている。鍼灸の魅力は、細い鍼と熱した艾(もぐさ)を使って、ツボや痛みを感じる部分に、直接心地よい刺激を与えることで、身体だけでなく、心にも働きかけ、その人自身が生まれながらに持っている自然治癒力を高めることである。こうした鍼灸の効果や作用については、現代科学の視点からも徐々に解明されつつあり、痛みの緩和はもちろん、運動器疾患、女性疾患、高齢者疾患、スポーツ障害などに幅広く活用されている。

また、鍼灸治療は、日本や中国、韓国といった東アジアの国だけでなく、アメリカやドイツ、フランスなど欧米の国々でもConventional Medicine(従来の医療=現代医学・西洋医学)を補う、補完・代替医療(Complimentary and Alternative Medicine)のひとつとして高い評価を得ている。

なかでも、日本では独自の鍼灸治療を発展させてきた。特に和鍼(わしん)と呼ばれる日本生まれの鍼は、中国の鍼と比べて格段に細く、直径わずか0.10〜0.25mm程度。中国の鍼は、鍼を持って押し込むように刺すが、和鍼は鍼管(しんかん)という補助具を使って弾くように刺し入れるため、ほとんど痛みがないのが特徴である。一方、灸も「お灸をすえる」という言葉があるように熱い灸をイメージする人が多いかと思うが、近年ではやけどを起こすような熱いものではなく、温かいお灸が主流となっている。

欧米で鍼(Acupuncuture)は
トップの医療機関で脚光を浴びている

日本で鍼灸師になるには、大学や専門学校などのはり師・きゅう師養成課程で学び、国家試験に合格することが必要である。大学と専門学校の学びの違いは研究ができる環境が整っているかどうかといえよう。今や欧米で“Acupuncture(アキュパンクチャー)”と言ったら知らない人はいない“鍼”。アキュパンクチャーは、病気の予防や現代西洋医療では手の届かない症状にアプローチできるオリエンタルメディスンとして、世界トップクラスの医科大学や医療機関で研究が進められている“期待大”の分野となっている。

長い歴史のなかで多くの人たちを救ってきた鍼灸であるが、どうして効くのか、どの程度効くのかということは、いまだ十分には明らかにされていない。しかし近年、鍼灸治療がなぜ作用するのかということを科学的に解明する基礎研究が多く行われており、鍼による鎮痛メカニズムや血行改善のメカニズムなどが証明されている。また、様々な疾患に対する鍼灸の効果についての臨床研究が世界的規模で行われている。だが日本では、鍼灸の研究者はまだまだ少なく、科学的に鍼灸の効果・作用を証明し国際的に活躍する研究者が求められているのが現状である。

本学の鍼灸学科ではアメリカのハーバード・メディカル・スクールから客員教授を招くとともに、ボストン研修旅行やユニークな研究を展開して、世界をリードするアキュパンクチャーの研究を専門とするサイエンティストやアキュパンクチャリスト(鍼灸師)の育成を目指している。 また、本学の鍼灸学科では、実習内容が充実しているのも大きな特徴である。例えば「整形外科臨床鍼灸学」では、鍼灸で扱うことが多い整形外科疾患について、痛みとその原因となる病気の概要から診察の仕方、鍼灸の治療法、治療効果の評価方法に至るまでを実習を通じて学ぶ。また本学附属鍼灸センターでは、多くの医療スタッフがかかわる医療現場において、鍼灸師がチーム医療の一員として活躍できるよう、「附属鍼灸センター実習」で実際に患者を担当し、現代医療の視点からの診察やディスカッションなどを通じて、より実践的な臨床能力を習得できるようになっている。

活躍の場はまだまだ広がる鍼灸
女性の仕事としても魅力的な分野

鍼灸医学は奥が深くて魅力的な“古くて新しい”学術領域といえる。近年は、鍼灸治療院だけでなく、医療施設や老人保健施設、デイサービスといった介護福祉施設などでも活躍の場が広がっている。また、スポーツや美容など新しい分野でも鍼灸治療が積極的に展開されている。例えばスポーツの場合、特にプロアスリートには痛みの治療だけでなく、けがの予防やパフォーマンスの向上を視野に入れた治療として、鍼灸が取り入れられている。美容では、東洋医学の「健美(健康に基づく美)」というコンセプトの下、シミやそばかす、肥満、むくみといった美容に関するトラブルを解消して、健やかな生活が送れるように鍼灸が活用されている。特に、女性にとって鍼灸治療は、体力を必要とせず、国家資格を取得することで結婚しても、子育てしながらでも活躍できる、魅力ある仕事といえるだろう。

現在は、医師が診察し、薬を処方したり、手術する現代医療だけでなく、アロマテラピーやサプリメント、芸術療法などさまざまな補完・代替医療を積極的に導入することが望まれている。このような一人ひとりの患者に適切な医療を提供する「統合医療」には鍼灸が得意とする心のケアも含めた総合的な治療が要求される。日本でも鍼灸治療をがん患者の痛みの緩和や、慢性疾患の治療などに用いる医療機関が増加しており、今後の統合医療において鍼灸に寄せられる期待はますます大きなものとなるだろう。ぜひ、これから鍼灸を目指す高校生には、大学でさまざまな専門領域の鍼灸治療の方法を学び、臨床力を身につけた治療家や、時代をリードする研究者になってほしいと思う。

日本のココが変わる

保健医療学部鍼灸学科 学科長 高倉伸有 教授

西洋医学では科学的根拠をもとに効く薬や治療法が確立されていますが、近年鍼灸においても科学的根拠を追究する動きがあります。二重盲検試験といって、実験する人もされる人も、どんな効果があるのかわからない状態で鍼灸を行い、客観的にその作用や効果を見極める方法も開発され、現代医学と同レベルの研究も進められています。しかし、このような研究をする学者の数が足りないのが現状です。補完・代替医療の中心的役割を担う鍼灸治療のさらなる発展のために研究者の養成が求められています。

保健医療学部鍼灸学科 学科長 高倉伸有 教授

東京農業大学農学部畜産学科卒業 はり師・きゅう師
昭和大学医学部第二生理学教室にて医学博士号を取得。
花田学園日本鍼灸理療専門学校専任教員を経て現在に至る。