【薬学系特集】地方大学の病院ではまだ売り手市場の薬剤師 多彩な院内業務で、薬剤師としてスキルアップを|大学Times

【薬学系特集】地方大学の病院ではまだ売り手市場の薬剤師 多彩な院内業務で、薬剤師としてスキルアップを

薬学部が6年制になって初めての卒業生を輩出した2012年。病院での実習が義務付けられたことにより、4年制のときと比べて病院への就職を希望する学生が増えたという。かつて、薬剤師として就職を希望する学生にとって病院への就職は狭き門であったが、地方の国立大学付属病院では2次・3次募集をして人員を確保する売り手市場であった。その要因や病院での薬剤師業務は調剤薬局と比べてどんな違いがあるのか、東北大学病院教授・薬剤部長眞野成康氏に話をうかがった。

近年多岐にわたる薬剤師の業務
患者と直に接し、薬学的なケアも

病院を希望する学生が増えてきたことを実感されていますか?

眞野:確かに薬学部が6年制になったことで、病院を希望する学生が増えてきたように思います。日本病院薬剤師会の調査でも、4年制のころは病院に就職する学生が約20%だったのが、2012年は30数%へ上昇したという報告があります。やはり、6年制の学びの中で病院への実習が義務づけられたことにより、病院で薬剤師がどんなことをしているのか、学生が理解してきたことが大きいのではないでしょうか。

ここ十数年、病院に勤務する薬剤師の業務が多岐にわたるようになりました。従来の入院患者さんへの調剤はもちろん、病棟に出向いて患者さんと直に接する機会を持ち、薬学的なケアをするようになってきました。

近年、病院薬剤師の病棟業務において、バイタルサインチェックを通じてフィジカルアセスメントを行う活動が広がってきました。薬剤師が患者さんの血圧などを測定するのは医師法に違反するのではと思う方もいるかもしれません。しかし、多種類の薬剤が同時に処方されている患者さんの副作用を管理することは、薬剤師の重要な役割の一つです。こうした目的を達成するための薬学的管理の一環としてバイタルサインチェックが受け止められており、薬剤師によるフィジカルアセスメントが行われています。

また、今注目されているチーム医療においても薬剤師が果たす役割は重要です。例えば、複数の診療科を受診している患者さんの場合、医師はそれぞれの診療科で扱っている専門の疾患を診ることになりますが、病院の薬剤師はすべての診療科で処方される薬を把握することで横断的・総合的に、その患者さんに適切な薬物療法を進言できるのです。つまり、薬が重複して処方されていれば疑義照会して処方を中止したり、別の薬に変更したりということを行います。難しい疾患であったり、複数の診療科で何種類もの薬剤が投与されるほど、薬剤師ならではの視点が重要になってくるでしょう。薬剤師の関わりが結果的に医師の負担軽減にもつながってくるかと思います。

処方箋の意味を十分にくみ取りながら調剤し、
考える力を磨けるのが病院薬剤師の醍醐味

調剤薬局と病院の薬剤師の違いは何ですか?

眞野:調剤薬局でも病院でも処方箋を基に調剤します。そのとき、医師の処方意図を理解することが大切ですが、病院と比べ調剤薬局では情報量が圧倒的に少なく、きちんと理解するためのハードルが高いように思います。調剤薬局の場合、処方箋1枚、もしくはその患者さんの過去の薬歴を参考に、疑義照会すべきかどうかを判断しないといけません。一方、病院では患者さんが受けたいろいろな検査の結果やカルテに目を通すことで、医師がどうしてこの薬を処方したのかがわかりますし、患者さんと直接話をしたり、事前に副作用などもチェックしながら、受け取った処方箋の意味を十分に知る機会が持てるため、薬剤師としてのスキルが磨かれるように思います。

また、当院のような大学病院の薬剤師の場合、他にもいろいろな業務を担います。例えば、薬剤師が治験に関わるケースが挙げられます。どの治験を引き受けるのかを決めるとき、病院で倫理審査や事前審査が必要になりますが、これを調整する業務を薬剤師がしたり、治験が円滑に行われるように、治験に係わる事務的業務や治験に携わるチーム内の調整をするCRC(治験コーディネーター)の役割を果たします。

さらに、当院では研究にも力を入れているので、薬剤師自身が薬剤疫学的な研究を行ったり、診療科と協同して投薬された薬物の血中濃度を測りながら、投薬量をコントロールしていくという臨床研究も積極的に行っています。

学生にとっては病院より調剤薬局を選ぶ傾向がありましたが・・・

眞野:調剤薬局と比べて病院の場合、求人情報が出るのが遅いのが要因のひとつではないでしょうか。当院でもかつては11月ごろに採用試験を行っていましたが、やはり早い時期に行ったほうがいい学生さんにたくさん受けてもらえるので、夏ぐらいに求人募集をするようになりました。病院の中には4〜5月ごろに求人を出すところもあるようです。とはいえ、各大学に求人を出しても、大都市圏は別として地方の大学病院ではなかなか人が集まらず、2次・3次募集をしている状態です。当院でも2012年は3次募集をして新卒者16人を採用しました。出身大学は全国に散らばるようになりましたが、やはり東北地方にあるため、東北の薬科系の大学出身者が比較的多い状況です。

病院では毎年退職する薬剤師がおりますし、近隣の病院などへの異動もあり、毎年一定数の求人がある状態です。あわせて平成24年4月から病棟薬剤業務実施加算(薬剤師が病棟で薬剤業務を一定以上実施している場合に対する評価)が診療報酬に新設されました。これを実施するためにすべての病棟に薬剤師を常駐させようとすると、大学病院は規模が大きく、病棟も数多く配しているので、まだまだ人数が足りず、当院もこれから20数人増やさなければならない状況です。ですので、大学病院は今後も多くの薬剤師を求める傾向が続くでしょう。学生さんにはぜひ病院薬剤師を目指してほしいと思います。

また、調剤薬局のほうが賃金が高いという声もよく耳にします。確かに初任給などは調剤薬局のほうが高いでしょうし、地方に行けばいくほど調剤薬局と病院の賃金差が大きくなる傾向にあるようです。しかし、生涯賃金を比較すると病院勤務が劣るとは考えづらく、現在調査を進めています。さらに、病院の薬剤師は調剤薬局と比べて業務内容が多岐にわたり、スキルアップが図れると思います。あくまでも私個人の意見ですが、薬学部が6年制になったことで、4年制では十分ではなかった「考える力」というものが身につけられたのではないかと思います。病棟で何か起こったとき、教科書通りに処理しようとしても解決できないことがたくさんあります。そのとき、自分の持っている知識をフルに使って対応することが求められますが、考える力があれば瞬時に手立てができる。そういう力をさらに発展させる意味でも、病院の薬剤師はやりがいがあると思います。

高校生に向けてメッセージをお願いします

眞野:薬学という学問は、非常にすそ野の広い学問です。医学の中の臨床の部分、薬を作る、使う部分を学ぶだけでなく、生命科学とも結びつく学問です。病院で働く薬剤師は自分が身につけた、あるいは身につけようとしている薬学の知識や技能を使って、いかに患者さんによりよい薬物療法を提供していくかということを一番の目的にして、一生懸命働いています。そういう医療に貢献していきたいという気持ちを持って勉強してくれると、将来いい薬剤師になれると思います。

医療・薬学用語解説

眞野 成康氏

【プロフィール】

眞野 成康(まの なりやす)

東北大学大学院薬学研究科博士課程前期課程修了。薬学博士。
エーザイ株式会社研究員、東北大学大学院薬学研究科臨床分析化学分野助手・講師・助教授を経て、2007年より東北大学病院教授・薬剤部長。
宮城県病院薬剤師会会長。