進路指導インタビュー・レポート 花園高等学校|大学Times

進路指導インタビュー・レポート 花園高等学校

花園高等学校(京都府京都市左京区)

花園高等学校

京都市左京区に位置する花園は、「禅のこころ」を建学の精神とし、143年の歴史と伝統を持ち、幾多の人材を排出してきました。
現在、それぞれに目的を持ち、自分自身の可能性を拓く4つのコース「一貫コース」「特進Aコース」「特進Bコース」「進学カルティベートコース」にて、自学自習の精神と習慣を身に付けた人材の育成に取り組んでいます。昨年度は国公立大学51名、関関同立150名、産近龍佛131名などの進学実績をあげています。

取材日 : 平成27年5月26日(火)
取材高校 : 京都府 私立花園高等学校
対象 : 2年生
内容 : 2年生対象進路ガイダンス

【ガイダンス実施概要】

実施日 : 平成27年5月26日(火)11:10〜12:00
内容 : 模擬授業(学部学科分野別)形式 進学相談会

参加生徒インタビュー

本日の進路ガイダンスの進学相談会に参加した2名の生徒にインタビューを実施しました。

菅生 澪音さん

菅生 澪音さん

諏訪 璃乃さん

諏訪 璃乃さん

―本日のガイダンスで何学部の模擬講義を受講しましたか、又、なぜその講義を選択しましたか?

菅生さん : 看護学を受講しました。もともと人を助ける仕事に興味があり、中学生の時は消防士になりたかったけど、高校生になり親とも相談していく中で、子供からお年寄りまで身近で助ける事の出来る看護師になりたいと思うようになり選択しました。

諏訪さん : 法学を受講しました。小学校の時から警察官になりたいと思っていて、そのためには法律の事も知らないといけません。いろいろ調べていくうちに、法律そのものに興味を持つようになり選択しました。

―模擬授業の内容はいかがでしたか?

菅生さん : 1年生の時に看護の分野別説明を受けましたが、2年生になりより意識が高い状態で聞けました。看護師になるために必要なことを知ることができ、また、実際の大学講義の様子を映像で見せてもらい、とても良かったです。

諏訪さん : 民法についてのお話がありました。ネットショッピングで間違って購入してしまった際に、 誤購入に関して記載されている文言の内容によって扱いが違うなどの話があり、ますます法律に興味を持つようになりました。

―今回の模擬講義を受け今後どのようにしていこうと思いましたか?

菅生さん : 大学の看護学部に進学し、医療の知識を学び、立派な看護師になろうと思いました。まだ2年生ですが、あという間に3年生になってしまうと思うので、これから、受験大学など具体的に決めていき、入学するための準備をしっかりしていきたいと思います。

諏訪さん : 大学の法学部に進学し、法律をしっかり勉強して、法律に詳しい立派な警察官になってがんばっていきたいと思います。