進路指導インタビュー・レポート 松江西高等学校|大学Times

進路指導インタビュー・レポート 松江西高等学校

松江西高等学校(島根県松江市)

松江市の橋南地区に位置する松江西高校は、「真に社会に役立つ実践的人材の育成」を建学の精神とし、大正13年、経理学校として設立され、平成 25 年度90周年を迎えました。この間の卒業生数は 1万5千人を数え、地域に根ざした学校として現在に至りました。母体が経理学校だったことから商業系の高校からスタートし、途中、社会のニーズに応え、普通科を併設しました。現在は普通科(3クラス)と総合ビジネス科(2クラス)を有し、多様化する生徒に対して普通科は特進コース、総合コースがあり、総合ビジネス科には情報系列、会計系列、ビジネス系列があります。また、学園姉妹校(出雲西高校・明誠高校・米子松蔭高校)の卒業生とのつながりもあります。

取材日 : 平成27年4月20日(月)
取材高校 : 島根県 私立松江西高等学校
対象 : 3年生
内容 : 3年生対象進路ガイダンス

【ガイダンス実施概要】

実施日 : 平成27年4月20日(月)4〜6限 [松江テルサ]
内容 : 国公私立大学、短大、専門学校進学相談会および就職説明会
(参加大学14校、専門学校35校)

参加生徒インタビュー

本日の進路ガイダンスの進学相談会に参加した3名の生徒にインタビューを実施しました。

千原 楊平さん

千原 楊平さん

坂根 亜美さん

坂根 亜美さん

前田 優さん

前田 優さん

―本日のガイダンスをどんな気持ちで参加されましたか?

千原さん : 進路は2つに絞っているが、それ以外の選択肢も広げられればと思って参加しました。

坂根さん : 自分の将来のどうしようか、それを探そうという気持ちで参加しました。

前田さん : 第一希望の学校はある程度決まっているが、その先の将来の職業について考えるきっかけになればと思って参加しました。

―どんな説明を受けましたか?また、それを受けどんなことを感じましたか?

千原さん : 動物系学校の説明を受け、学校の学習内容や、設備がとても充実している点についてなど説明を受けました。自分が思っていた以上に専門的な勉強をするんだなと感じました。また、進学を考える場合、動物が好きだからを理由するのはあたりまえのこと、好きなことを仕事にするということをしっかり考えるようにアドバイスももらいました。

坂根さん : 看護系学校の説明を受け、推薦入試や一般入試など入試に関するポイントの説明を受けました。看護師が不足している現状も知り、ただ看護師になるという思いだけでなく、自分がどんな看護師になりたいかをしっかり考え、それにあった学校選びをしたいと感じました。

前田さん : 保育、医療系学校の説明を受け、取得できる資格やその資格の内容について教えてもらいました。進学してから学習することが多く、今のうちに学習習慣を身につけておくことが大事とアドバイスもらいました。また、人の命にも関わる仕事であること、その覚悟が必要と教えてもらい、新たな発見ができました。

―今後の課題は何かありますか?またその課題に対しどんなことを心がけたいですか?

千原さん : 今日の話を聞いて、動物を世話することはもちろんだが、サービスとしての接客も大事な仕事。そのためのコミュニケーション力をつけたいと思います。普段の生活から、特に言葉遣いを意識して人と接するように心がけたいです。

坂根さん : 人見知りな性格なのでそれを克服したいです。初めての人でも自分から話かける努力をしていきたいです。

前田さん : 自分自身の周りに保育士の方がいるので、その方にいろいろ話を聞いたり、実習などにも参加してみたいと思います。