グローバル教育は、国際人として求められる幅広い教養と知識に裏付けされた対話力の育成|大学Times

大学Times Vol.16(2015年3月発行)

グローバル教育は、国際人として求められる幅広い教養と知識に裏付けされた対話力の育成

近年グローバル教育の必要性が叫ばれる以前から、国際人育成を教育の根幹とし、国連やNGO、海外に拠点を置く企業で活躍する人材を多く輩出している上智大学と国際基督教大学。2大学の教授に、今求められている真のグローバル人材とは?その育成のための大学の役割とはなにかを伺った。
また、2015年度一般入試に新たに導入される入試制度、国際基督教大学では「総合教養(ATLAS)」、上智大学では「TEAP(アカデミック英語能力判定試験)」の概要と試験の主旨について解説いただいた。

【上智大学】
カトリックの教育精神のもと、叡智をつなぐ世界のハブに

伝統を基盤に数々の先導的プロジェクトを推進

上智大学 芸術交流担当 副学長 杉村美紀教授 教授

本学はカトリック・イエズス会を設立母体とし、“Men and Women for others , with others”(他者のために、他者とともに)を教育の精神としています。人間の尊厳を根底に、多様な文化や価値観を尊重し、国際社会に貢献できる人材の育成に一貫して取り組んできました。過去10年ほどの間に、グローバル30、グローバル人材育成推進事業、大学の世界展開力強化事業等の採択を受けてきたのも、本学の教育・研究・人材育成が社会的期待と合致している証であると考えます。こうした積み重ねをベースに、スーパー・グローバル大学等事業(SGU)においてさらなる展開をめざしています。 創立100年を迎えた本学は、新たなグランド・レイアウトを策定し、「叡智(ソフィア)が世界をつなぐ」というコンセプトを打ち出しました。現代社会には、環境・貧困・教育等の解決困難な課題が山積しています。これらに向き合うためには、多様な人々にかかわることによる多文化共生への理解と、学問領域を越えた複合的な学びが不可欠です。さまざまな人や知を結びつけるために、本学が教育・研究・人材交流のハブ(拠点)となっていきたい。SGU構想には、こうした思いが込められています。

独自の展開で地球規模の課題に挑む

本学の取り組みの特徴は「多層的」というキーワードにあらわれています。その一例を紹介しましょう。一つは積極的な海外展開です。キリスト教のネットワークはもちろん、教員やOB・OGが海外での活動に数多く従事しています。それに加えて、海外教育機関との連携や海外拠点の開設を加速し、諸外国の人々とともに教育・研究活動を展開していきたいと構想しています。もう一つは英語教育の充実です。これまでも、国際教養学部、理工学部英語コース等で英語だけで学位を取得できる課程を用意してきましたが、新たに「SEMEP(Sophia English Medium Education Program)」を開発しました。これは、単に英語だけで学位を取得するのにとどまらず、学部学科を横断した融合型の学びを実現し、語学を活かし生きた知に展開させることをめざします。このように、人と知の交流において層の厚いプログラムを構築します。

国際機関等で多くの卒業生が活躍しているのは本学の誇りです。まさに人材育成目標そのものと言えるでしょう。2014年度に総合グローバル学部を開設し、発展途上国へのアプローチもいっそう強化しました。また、発展途上国からの留学生の受け入れも推進することにより、学生たちが多くの気づきや刺激を得ています。今後もキャンパスの国際化を進め、異なる文化や価値観を理解し地球規模の課題に果敢に挑戦できる人材を輩出し続けていきたいと考えます。

可能性を広げる英語力や視野の獲得を

高校生や先生方から「上智は英語」という声をよく耳にしますが、大事なのは、受験のためだけではなく大学教育やその後の活躍につながる英語力を身につけることだと思います。その指針として、「TEAP(アカデミック英語能力判定試験)」を本学と日本英語検定協会が共同で開発し、入試に導入しています。これからは、英語を使って自分の意見を発信していくことがますます重要です。そのために、高校の教科を総合的に学習するとともに、自分のやりたいことを選び取る力をぜひ身につけていただきたいと考えます。本学のリソースを活用した高大連携も進めつつ、次代を担う人材育成にともに貢献していきたいと思っています。